ホルモンバランスを整えるなら薬とサプリどっち?

 

ホルモンバランスが乱れると肌荒れが起きやすい

 

乾燥しやすい季節になると肌も乾燥しやすいのですが、これは待機が乾燥していることが原因だけではなく、女性ホルモンの分泌が安定していないことも原因になっていることもあります。女性ホルモンというのは、加齢が進んでいくと分泌量も自然と減っていきます。

 

女性ホルモンというのは、思春期くらいから急激に分泌されていきます。そして、女性らしい体になっていきますし、肌もハリが出てくるものなのです。

 

しかし40代手前くらいから、だんだん肌にたるみだし、乾燥しやすくなってしまいます。肌年齢が衰えていっていることももちろん原因の一つになっているのですが、女性ホルモンが少なくなっていることによって、保湿力が下がってしまったり、コラーゲンが作られにくくなっていきます。さらに閉経をした場合、女性ホルモンの分泌量がさらに低下してしまいますので、体の中にあるコラーゲンの3割程度がなくなってしまうのだそうです。

 

急に肌の状態が悪くなってしまったのであれば、女性ホルモンが分泌されにくくなってきている可能性も考えたほうが良いのです。女性ホルモンが減ってしまうと、どのような肌の悩みが発生しやすくなるのかについてご紹介をしたいと思います。

 

女性ホルモンであるエストロゲンが分泌されなくなっていくと、エラスチンやコラーゲンなどのように、ハリをもたらす成分も一気に減っていきます。これによって、肌がたるみやすくなってしまうのです。さらに皮脂腺が正常に働かなくなってしまい、皮脂の分泌量も減ってしまって、保湿力も下がってしまいます。その結果、肌が乾燥したり、敏感になりやすくなってしまうのです。

 

女性ホルモンが減ってしまっていることが原因なのであれば、皮膚科に受診をするのではなく、産婦人科で診察してもらうようにしたほうがいいでしょう。

 

この他にも、女性ホルモンの分泌量が低下してしまうことによって、シミが出来やすくなってしまいます。シミというと、紫外線を浴びることが原因だというイメージがとても強いですよね。紫外線を浴びることによって、肌の奥にあるメラノサイトの働きが強くなり、メラニン色素が大量に作られます。

 

ホルモンバランスが乱れてしまっていると、このメラノサイトの働きも活発になるため、大量のメラニン色素が作られるようになり、シミが出来やすくなってしまうのです。急激にシミが出来てしまったり、薄いシミが目立つようになってきたのであれば、ホルモンバランスが乱れてしまっていることが原因の可能性もあります。

 

真皮層といわれる肌の奥にある層によって、肌はハリを保っています。この真皮層には、コラーゲンやヒアルロン酸が含まれており、肌の表皮を支えてハリをもたらしているのです。

 

女性ホルモンのエストロゲンというのは、コラーゲンを生成するために必要な細胞の働きを向上させる作用があります。ですから、エストロゲンが活発に分泌されている頃は肌もハリがあるのですが、反対にエストロゲンの分泌量が減ると、ハリがなくなっていってしまうのです。

 

若いときでも、ストレスや不規則な生活のせいでエストロゲンが分泌されにくくなってしまって、肌がたるんでしまうこともあります。

 

肌細胞というのは、ターンオーバーをすることで、新しい細胞と入れ替わって、肌の状態を保っています。
ですが、女性ホルモンが乱れてしまうと、このターンオーバーが正常に行われなくなってしまって、古い肌細胞が留まってしまいます。これによって、肌がくすんでしまったり、透明感がなくなってしまうのです。

 

また、女性ホルモンが分泌されにくくなると、男性ホルモンの働きが強くなっていき、皮脂が大量に分泌されるようになることもあります。これによって、毛穴が詰まり、毛穴の中でアクネ菌が繁殖することで、大人ニキビになってしまうこともあるのです。

 

また、プロゲステロンといわれる女性ホルモンも、男性ホルモンと同じような働きがありますから、エストロゲンが分泌されにくくなり、プロゲステロンのほうが分泌されている場合も、大人にきびができやすくなってしまいます。

 

これらのように、肌の悩みというのは、女性ホルモンのバランスが乱れることで発生してしまうことがとても多いのです。肌の悩みを改善していきたいのであれば、スキンケアをして、肌にいい成分を送るだけではなく、女性ホルモンのバランスが保たれるように生活習慣などを見直していってください。

 

ホルモンバランスが乱れる原因を考える

 

ホルモンバランスが乱れてしまっていると、体にも色々な症状が出てしまうものです。ですから、ホルモンバランスが乱れないようにするために、何が原因でホルモンバランスが乱れやすくなってしまうのかも把握しておいたほうがいいでしょう。

 

この女性ホルモンというのは、ちょっとした変化によってバランスにも大きな影響を与えることになってしまいます。例えば、ダイエットのし過ぎや更年期、睡眠不足、ストレスなどといったちょっとしたことでホルモンバランスが乱れてしまうのです。

 

ホルモンというのは、脳の命令によって分泌されるのですが、この脳というのは、少し変化があるだけでも影響が出やすいのです。特に脳というのは、ストレスに弱いですから、ストレスを感じていると、脳の働きが正常にならず、ホルモンの分泌も異常になりやすくなるのです。

 

人によって、ホルモンバランスが崩れてしまう原因というのは違っているものです。初めに自分自身はホルモンバランスは正常になっているのか、それとも乱れてしまっているのかを把握しましょう。そして、ホルモンバランスが崩れているのであれば、その原因についても把握することが大切です。

 

次の項目に当てはまっているのであれば、ホルモンバランスが乱れてしまっているかもしれません。

 

・特に趣味がない
・昼夜逆転の生活をしている
・寝る前にスマートフォンやゲームなどをしている
・すぐに起きることができない
・紅茶やコーヒーを普段から飲んでいる
・仕事をしていなくても仕事のことが気になっている
・朝食を食べない
・交友関係などで悩みを抱えている
・夕食は21時を過ぎてから食べている
・から揚げやお菓子などを食べることが多い
・お酒を飲むのが好きだ
・ほとんど運動しない
・すぐに息切れをしてしまう

 

これらのことから分かるように、食生活や運動不足、ストレス、睡眠不足によって、ホルモンバランスが乱れてしまうことが多いです。これらの原因によって、どうしてホルモンバランスが乱れてしまうのかについてもご説明します。以下の生活習慣の改善に加えホルモンバランスサプリを飲むのも効果的です。

 

・食生活
最近は、肉料理ばかりを食べていたり、ファストフードや外食をする人が多いです。このような食生活は見直すようにして、大豆イソフラボンのように、女性ホルモンのサポートをする大豆製品を食べるようにしたり、ナッツ類やレバー、青魚のようにビタミンB6が豊富に含まれているもの、カボチャやアボカドのようなビタミンEが豊富に含まれているものをしっかり食べるようにしましょう。この他にも、海藻類やソバなどのようなマグネシウムが含まれているものや、小魚や乳製品などのようにカルシウムが含まれているものは自律神経を整えやすくなりますので、こちらも食べるようにしてください。

 

・ストレスを発散する
ストレスを感じているとホルモンバランスは乱れやすくなります。ですから、音楽などを聴いたりしてリラックスできる時間を確保したり、運動や趣味などをしてストレス発散をしていくことも大切です。そうすれば、ホルモンも正常に分泌されやすくなり、ホルモンバランスも整いやすくなります。

 

・運動不足
運動不足になると、ホルモンも分泌されにくくなってしまいます。ですから、有酸素運動であるウォーキングをしたり、エレベーターなどは使わずに階段を上り下りするようにしましょう。

更新履歴